専門学校のデメリット

専門学校は良いところばかりと見られる事もありますが、実際にはそうとは限りません。まず、デメリットとしては、大学卒業というキャリアと比較すると、やや下に見られてしまう傾向にあります。専門学校を卒業している方は、専門士であったり、高度専門士だったりと、いわゆる短大などの卒業者と一緒の扱いをされます。今でも企業の求人には大卒を条件としているところも多くみられるため、大学ではなく、専門学校を卒業というキャリアは、やや就職に不利になる場合もあるのです。

また、専門学校は大学とは異なり、2年間などの短期間で勉強や実習を行っていきます。そうすると、濃密な勉強を行っていくこととなりますし、試験への勉強も頑張らなければなりません。専門学校を通う方の中には仕事をしながらという人もいますが、実際には仕事と専門学校の両立は難しいというケースも決して少なくないのです。最後に、専門学校を通うのにかかる学費は比較的割高な傾向にあります。年間100万円から120万円ほどかかる事が多いのですが、大学に比較して安いといえる割合ではありません。この費用は、設備費用や実習費用などが加算されるため、どうしても高くなってしまうというのが大きな理由です。

専門学校のメリット

大学ではなく、専門学校に通うことには様々なメリットがあります。まず、代表的なこととして、就職に有利になるということです。大学からの就職率より、専門学校からの就職率の方が高いというデータが出ているため、就職を目的とする場合、専門学校に通われる方が有利ということになります。専門学校が就職に有利になる理由としてはやはり、企業に対する要望にこたえやすい部分が大きいのではないでしょうか。企業にとって、即戦力で使える人材が欲しいと考えられます。そこで、専門学校を卒業した人材であれば、ある程度何を学んできたのかという事がわかりやすいため、欲しい人材かどうかをはっきり区別しやすいという特徴があります。

また、専門学校に通うメリットとして、資格が取れるというのも大きいです。基本的に専門性を高め、さらに資格を取得するという目的をカリキュラムに組まれている事がおおく、卒業する頃には専門性に関連する資格を得ている事が多いです。また、設備が充実しているというのも特徴です。例えば、調理系の専門学校の場合、調理道具はもちろん、様々なジャンルに適した調理設備が整っているため、料理を学ぶことに特化しているのです。これらが専門学校に通うメリットといえるでしょう。

参照サイト⇒http://www.o-hara.ac.jp/senmon/

専門学校の良し悪し

進学するとき、大学にするのか、あるいは専門学校にするのかということで迷われることは少なくありません。また、専門学校の就職率は高いため、どうしてもそういった点を重視されるということがあります。当サイトでは、専門学校のメリットやデメリットについて紹介しています。

専門学校のメリットはなにより、就職に役立つという点が大きいです。実際に、大学を卒業するより、専門学校を卒業した方が就職率が高いというデータもあるように、卒業してすぐに仕事に就きたいということであれば、専門学校が有利であることが多いです。専門学校は文字通り、専門性を高めるための学校で、例えば美容師や調理師、あるいはIT系など、様々な分野があります。それらの専門性を高めると、企業としても即戦力として使いやすいというメリットがある分、専門学校を卒業している方の方が採用しやすいということもあります。

対してデメリットですが、専門学校は短期間で多くのことを学ばなければならないということもあり、決して楽な学業とはなりません。さらに、経済的な部分でいえば、専門学校の学費は比較的割高な傾向があり、短期間とはいえ、高い学費を必要とすることが多いです。しかし、大学4年間通ったことと比較すると、大幅に学費は安くなることで間違いありません。当サイトではこれらのようなメリットやデメリットについて紹介しているので、興味がある方はチェックし、参考にしてみてはいかがでしょうか。